当社はお客様一人ひとりのライフスタイル、人生のゴールに合わせたオーダーメイド型の資産運用サービスをおこなっており、じっくり話をお聞きした上でお客様の望む提案をおこなっております。欧州では巧みな資産運用だけで何世代にわたって資産を受け継いできた「オールドマネー」と呼ばれる資産家が存在しますが、その資産運用に従事してきたのが「プライベート・バンク」です。プライベート・バンクが勧める運用の基本は「有価証券による国際分散投資」です。株式、債券、ファンド等、富裕層の投資の対象は実に多岐にわたっておりますが、近年ではファンドやヘッジファンドへの投資が増えてきているようです。また投資地域は先進国より発展途上国への投資比率が高くなっております。

それでは、なぜ国際分散投資が有効なのでしょうか?それは、国際分散投資こそが「減らさない運用」の基本条件を備えているからです。オールドマネーはすでに一生の生活を賄えるほどの資産を持っています。したがって彼らの運用の目的は、資産を目減りさせずに次世代に承継することにあります。しかし、「減らさない運用」を行うには非常に至難の業でもあります。資産が減るリスクをできるだけ小さくする必要があります。

そうした場合当社では、資産集中リスク、信用リスク、為替リスク、インフレリスクなどを考慮したうえでヘッジ・ファンドを含むオルタナティブ投資資産への運用も組み入れたアドバイスをいたしております。

しかし、プライベートバンクは基本的に海外での口座開設、海外商品による運用、など手続きが煩雑でまた、ごく一部の富裕層だけが受けられるサービスと思われております。 そこで当社では投資信託という道具を使用して海外でのプライベートバンクさながらのコンサルティングサービスを提供し、お客様との利益相反を徹底的に排除し、客観的かつ中立的立場から金融商品の選択を行っております。また、大手金融機関で行われている担当者の変更等は行わず、金融サービスについて能力の高いファイナンシャルプランナーが「生涯顧客」をコンセプトにコンサルティングにあたっております。時代は常に変化しております。いままでのように自社の金融商品のみをすすめる、金融機関側にたった「販売代理」では投資家は満足しなくなっています。ほかでもっといい金融商品が販売されているかもしれません。数多くの金融商品の中からお客様の満足のいくような金融商品を提示し、お客様の立場に立った「購買代理」という時代に変わりつつあると考えます。投資家が望む資産運用に合致しているかを継続的にチェックし、「適合性の原則」を徹底すると同時に、当社の考える投資理論に基づいて、最終的な成果である長期収益の安定性と収益性を同時に追求しております。そのためにも絶えず変化する経済情勢や金融商品についての正確な情報をもち、正しく判断する能力を磨いております。コンサルティングはお話をお聞きしご意向を確認するところから始まります。皆様からのご連絡をお待ちしております。


会社案内

ご挨拶

ようこそファイン・ステージへ

企業理念

わが社は、金融商品を通して…

会社概要

ファイン・ステージの基本情報

業務案内

ファイン・ステージの業務案内

スタッフ紹介

私たちが対応させていただきます

ネットワーク

ファイン・ステージの協力体制

アクセス

ファイン・ステージへのアクセス

お問い合わせ

ご相談の予約、お問い合わせ先